白浜沿

1985年(明治初期) 

現在の白浜は浜崎(パマザシ)と呼ばれ仲良(なから)川にある水田用の苗代田があったようである。

1912年(大正初期) 

当時の白浜はマングローブ・アダンに囲まれた苗代田・湿地帯で平地は狭く、白い砂浜の海岸があった。人が住むようになり通称白浜と呼ばれるようになった。

1914年(大正3年)

漁師達がカツオ漁に励んでいた。

1917年(大正6年)

沖縄炭鉱、開坑・事務所設置。

1918年(大正7年)

星岡鉱業(星岡亀彦)開坑。

白浜北西の一帯を地均し、埋め立てる。

1919年(大正8年)

琉球炭鉱などが、白浜の埋め立てを進めた。

三上工業、東中部分の沼地を埋め立て。

海炭鉱、東端水面を埋め立て。

1925年(大正14年)

内離島、成屋(なりや)に会計学校を創立、生徒数15名。

1930年(昭和5年)

炭鉱の生徒、西表尋常小学校(祖納)へ通学。

1934年(昭和9年)

東海三河セメント工業(系)西表炭鉱・南海炭鉱開抗。

炭鉱会社、白浜にコンクリートの三階建て事務所建設。

1937年(昭和12年)

白浜神社建立。

陸軍部隊が滞在するようになり、部落会の設置が命ぜられる。

丸三鉱業所、星岡炭鉱、南海炭鉱で構成された部落会が誕生、

白浜部落となる。

白浜と名付けられたお祝いとして、鉱業所が資金を出して

ユッカヌヒー(旧暦の5月4日)に海神祭が行われる。

山神祭、豊年祭もあったようだが資料が残ってない。

私立白浜尋常小学校創設 (星岡、南海、丸三鉱業が設立運営)

1939年(昭和14年)

西表島郵便局(当時は内離島の南風坂(ハイサカ))より白浜に移転。

1940年(昭和15年)

4月15日、公立移管により、西表尋常小学校白浜仮教場となる。

1941年(昭和16年)

4月1日、学制改革により、西表国民学校白浜分教場となる。

1945年(昭和20年)

4月3日、米軍の爆撃を受け、部落全滅。

8月15日、終戦。

戦災住宅の復興に伴う木材切り出しを始める。

海神祭が復活し今日まで引き継がれる。

1946年(昭和21年)

7月1日、西表初等学校白浜分教場と改称する。

1947年(昭和22年)

西表郵便局、白浜より祖納に移転。

白浜部落に電話設置される。

1948年(昭和23年)

7月15日、大暴風のため校舎屋根被害。

1949年(昭和24年)

学制改革により、西表小学校白浜分校となる。

1955年(昭和30年)

9月3日、グレイス台風により白浜全滅、米軍テント生活。

1956年(昭和31年)

2月23日、竹富町立白浜小学校、白浜中学校独立認可。
4月1日、竹富町立白浜小中学校と改称。
(船浮・網取分校は白浜校に転属される。)

1958年(昭和33年)

9月16日、B円から米ドルへ切り替え。

1960年(昭和35年)

個人発電で2,3カ所発電・点灯していたが、白浜発電組合を

設立し、部落内の発電がおこなわれる。

1966年(昭和41年)

白浜港建設着工。

1967年(昭和42年)

イリオモテヤマネコ、国の天然記念物に指定。

1968年(昭和43年)

白浜発電組合、町営に移管され西部一帯に送電する。

1970年(昭和45年)

白浜港、浦内橋工事完成。

1971年(昭和46年)

電力が町営より沖縄電力に移管される。

旧公民館落成。

1972年(昭和47年)

白浜老人クラブ結成。

ドルから円に通貨切替。

1977年(昭和52年)

7月31日、台風5号襲来。台風の目に入り海面上昇し被害が甚大

昼間だったため死者なし。

1984年(昭和59年)

白浜校体育館完成。

1989年(平成元年) 

西表トンネル工事着工。

西表群発地震発生。

1991年(平成3年)

12月12日、西表トンネル貫通式。

1993年(平成5年)

1月20日、西表トンネル開通式。

1995年(平成7年)

白浜小中学校、ランチルーム完成。

2003年(平成15年)

体験滞在型宿泊施設「海人の家」稼働、公民館で委託管理を行う。

2007年(平成19年)

台風23号の降雨により白浜校の裏山崖崩れ。(学校畑・水田一部埋没)

2011年(平成23年)

白浜中学校が西表中学校に統廃合され白浜小学校になる。

2016年(平成28年)

7月 東村、国頭村のよんなー館へ 公民館研修。

7月15日、三万年前の航海徹底再現プロジェクトの歓迎会を白浜公民館で行う。

8月10日、船揚場一部供用開始。

2017年(平成29年)

6月14日、船揚げ場管理組合設立。

船揚場完成。

8月15日、白浜神社 竣工遷座祭(老朽化のため建て替え)

2018年(平成30年)

海人の家敷地内に公民館用の調理施設完成。

2019年(平成31年)

1月2日、久しぶりの成人式を行う。

2019年(令和元年)

5月1日、元号が平成から令和に代わる。 

2020年(令和2年)

コロナウィルスが発生し世界規模で緊急事態となる。

随時情報を更新しております。資料が少ない為

誤り・漏れ等もあると思います。

お気づきの点があればcontactページよりご連絡下さい

​多数の情報お待ちしております。